アイコンsearch this site.

アイコンcategories

アイコンarchives

アイコンまだまだ暑いでやんす。

  • 2019.09.12 Thursday
  • 16:00
パークの花壇、樹木を管理している
ガーデンチームより我阿伝ですっ顔


こんにちは。最近はまた暑い日が続き、夏にもどったような陽気でやんす。

ウェーブスインガー周りではヤマボウシが実をつけている〜。


赤い実は食用になり、ねっとりして甘みがあるでやんす。
ねっとりなのにジャリっという食感もあるでやんす。
正直、あまり美味しいとは言えない‥。ジャムだったら良いかも。


ビニールハウスの中ではハボタンが成長中。


ハボタンは冬の花壇を彩る植物、まだ暑い今の季節から育てているでやんす。
秋までにある程度大きくさせて、冬が来る前に植え込をするでやんす。

アイコン紫の花 ふたつ

  • 2019.09.08 Sunday
  • 13:28
パークの花壇、樹木を管理している
ガーデンチームより我阿伝ですっ顔


こんにちは。9月になり、夏も終わったなぁと
感慨深いでやんす。朝晩も随分涼しくなったでやんす。


園内ではヤブラン(藪蘭)の花が満開。


ヤブランは日陰でも元気に育ち、すらっとした葉が涼しげな印象の植物。
白い縦じまの入る葉もあり、一年を通して緑の葉を鑑賞できるでやんす。
8〜9月には薄紫色の花が咲き、これもまた美し〜い。
暑さ、寒さ、病害虫に強く、手入れの手間がかからない、使いやすい植物。


駐車場の脇では、ゲンノショウコ(現の証拠)が咲いているでやんす。


緑の夏草の中で濃い紫の花がひときわ目立つ。
ゲンノショウコは民間薬として昔から使われてきた薬草。
含まれているタンニンが主成分で、下痢、便秘、食あたりに効用があり。
名前の由来は「現によく効く証拠」から来ているでやんす。

アイコンアジサイの手入れ

  • 2019.08.28 Wednesday
  • 10:00
パークの花壇、樹木を管理している
ガーデンチームより我阿伝ですっ顔


こんにちは。大分県では夏休みが終わり 2学期が始まった学校も多いよう。
楽し〜い夏休みが終わるとなんだか物悲しくなるでやんす。

お盆を過ぎてからは不安定な天候が続いているでやんすが
この天候は9月にはいっても続くようで嫌になるでやんす。

今回はアジサイの手入れについて話すでやんす。



きれいに咲いていたアジサイも夏が終われば‥こんな感じ。
あっしの最近の仕事はこの花を摘む事でやんす
花が残っていると見た目が悪く、株の成長にもよくないでやんす。
花から二つくらい下の節のところで切り落としていくでやんす。



園内にある数百本のアジサイの花を切っていくでやんす。


これですっきりしたでやんす〜。
来年の花芽が作られるのが10月頃、それまでに切ってしまうでやんす。

大きくなりすぎた株があれば、冬場には枝を切りそろえる→春先に肥料をまく。
これで来年の梅雨にはまたきれいな花が咲いてくれるはずでやんす〜。

アイコン夏休みも終盤

  • 2019.08.21 Wednesday
  • 10:01
パークの花壇、樹木を管理している
ガーデンチームより我阿伝ですっ顔


こんにちは。夏休みもいよいよ終盤。

園内では夏の花が咲き誇っているでやんす。一番目につくのはマリーゴールド!


アフリカン・マリーゴールドという品種。花びらが密集した大きな花が特徴。
病気に強い、花期が長い、夏の暑さにも強い、とても使い勝手のよい花。
アフリカンとついていますが、原産地はメキシコ。
マリーゴールドには土の中の害虫である「線虫」を退治する効果もある〜。
畑などでマリーゴールドを育てて線虫を退治している農家もあるでやんす。


別の花壇ではサルビアとニチニチソウが咲いているでやんす。


赤い花がサルビア、ピンクの花がニチニチソウ(日々草)。
サルビアには白や青い花もあるでやんすが、一番よく見るのが赤い花
濃い緑の葉に真っ赤な花、なんとも夏に合う花でやんすね〜。
サルビアはシソ科で、香辛料に使われるセージと近い仲間。

ニチニチソウは6〜9月に毎日のように新しい花が
咲くことからその名前がついているでやんす。
熱帯原産で夏の暑さにとても強いでやんす。

アイコン夏の花といえばひまわり

  • 2019.08.07 Wednesday
  • 11:50
パークの花壇、樹木を管理している
ガーデンチームより我阿伝ですっ顔


こんにちは。35度近くにもなる暑い日が続いておりやしたが
昨日は台風8号が襲来し冷やされたようで少し涼しくなる予報。

園内ではヒマワリ(向日葵)の花が咲いているでやんす。


夏といえばヒマワリ!濃い緑の葉に、黄色の花びらが鮮やか。
ヒマワリは太陽の方を向いて回転すると言われているでやんすが、
花が咲くまでの話で、花が咲いてしまうと回らないでやんす。


花鉢の中ではインパチェンスも元気に咲いています。


ニューギニアインパチェンス。太平洋に浮かぶニューギニア島の原産、
普通のインパチェンスより花、葉、株とも大きいのが特徴でやんす。


ゴーカートコースの内側ではヒゴタイの花が咲き始めやした。


紫色の球形の花で、ネギ坊主のように見えるでやんす。
これはまだツボミが色づいてきたところ、このあと紫色の小さな花びらが出る。
ヒゴタイは絶滅危惧種に指定されている植物で、
この株は由布岳の近くから種を採取してきて増やしたでやんす。
野生のヒゴタイを見るにはくじゅう連山や由布岳などに限られるでやんす。

アイコン夏本番!!

  • 2019.07.31 Wednesday
  • 10:00
パークの花壇、樹木を管理している
ガーデンチームより我阿伝ですっ顔


こんにちは。梅雨明けしてからは猛烈な暑さが続いているでやんす!
明日から8月、夏本番になるでやんす〜。


森に囲まれた遊園地では、周りからセミの声が響いているでやんす。


これはヒグラシ。透明な羽、体に緑の模様。
名前の通り、日が暮れるころに「カナカナカナ」と鳴くでやんす。
なんとなく夏の終りのイメージでやんすが、
実は梅雨頃からすでに鳴いているでやんす。


城島高原近くの猪の瀬戸湿原では、キツネノカミソリが満開。


苔むした薄暗い林の中、キツネノカミソリが一面に満開。
キツネノカミソリはヒガンバナに近い仲間、春先に青々とした葉を伸ばし
球根を太らせると、夏前には枯れてしまうでやんす。
そして夏に花だけを咲かせるでやんす。
これほどの群落はめったにないので、ぜひとも見てほしいでやんす。

猪の瀬戸湿原は城島高原から湯布院方向に車で5分ほど。
城島高原からトレッキングコースが整備され、歩いていけるでやんす。

アイコンいよいよ梅雨明け

  • 2019.07.24 Wednesday
  • 10:00
パークの花壇、樹木を管理している
ガーデンチームより我阿伝ですっ顔


こんにちは。先週もよく雨が降りやしたね。
梅雨明け前は大雨になると言うでやんすが、そろそろ梅雨明け!?

アジサイの花の色あせてきた気配でやんす。



アジサイの花は七変化すると言われているでやんす。
つぼみから咲き始めは白っぽい緑色、徐々に色が濃くなっていくでやんす。
この時のグラデーションが見事。ついで全体が鮮やかな青やピンクに。
そして花が終わりかけると色がくすんでいき、最後は茶色になって枯れる。
アジサイの花が終わると梅雨明けを実感するでやんすね。

城島高原周辺の山野ではヒメジョオン(姫女苑)が咲いているでやんす。



ヒメジョオンはキク科、道端などによく見かける雑草。
江戸時代の終わり頃、ヤナギバヒメギク(柳葉姫菊)という名前で来日。
その後、雑草として猛烈な勢いで全国に広がっていったでやんす。
春に咲くハルジオン(春紫苑)と花も名前も激似、混同することも多々。

アイコンちゃぷちゃオープン

  • 2019.07.17 Wednesday
  • 10:00
パークの花壇、樹木を管理している
ガーデンチームより我阿伝ですっ顔


こんにちは。先週の3連休初日にちゃぷちゃがオープン
新アトラクションも運転を開始したでやんす。

一日目、二日目は天気が悪かったでやんすが、
三日目は晴れて大勢のお客様がちゃぷちゃや新アトラクション体験されやした。



暑〜い夏にはちゃぷちゃで水遊びがいいでやんすよ〜。

平年7月19日頃が梅雨明け、来週辺りに梅雨明けするかもでやんす。


駐車場周りではネジバナ(捩花)が開花〜。



茎の周りをくるりと周るようにピンクの花をつけるでやんす。
名前の通り、ねじねじ、ねじれているでやんす。
小さな花でやんすが、その独特の形からすぐ見つけることができるでやんす。
あちこち咲いているでやんすが、植替えが難しく、栽培は難しいでやんす。


ハウス内ではひまわりが出番まち〜。


これは矮性(わいせい)のひまわり、大きくならない品種。
夏本番に向けて、ハウス内で出番を待っているでやんす〜。

アイコン7/13 アトラクション2機種とちゃぷちゃ はじまる!

  • 2019.07.11 Thursday
  • 11:26
パークの花壇、樹木を管理している
ガーデンチームより我阿伝ですっ顔



こんにちは。梅雨らしい天気が続くでやんすね〜。
今週末の13日からちゃぷちゃと新アトラクションがオープン、
お天道様なにとぞ晴れにしていただきたいところでやんす。


園内のアジサイ満開でやんす〜。


アジサイは咲いている期間が長く、梅雨の間はずっと楽しめてお得。
あまり知られていないでやんすが、実はアジサイには毒がっ!
季節のものだからとアジサイの葉に料理を盛って出したら、
食中毒が起こったという話も聞いた事があるでやんす。


園内ではブッドレアが咲いてるでやんす〜。


ブッドレアは小さい花が房状に集まって咲き、甘い香りが漂う〜。
蝶がよく集まるところから、バタフライブッシュ(蝶の茂み)と呼ばれる。


木の根元ではギボウシ(擬宝珠)が花をつけたでやんす。


名前の由来はつぼみの形が、神社や橋の欄干の飾りである
「擬宝珠」に似ているところからのようでやんす。
日陰でもよく育ち、大きく艷やかな葉を鑑賞する植物、
今の季節に咲く花もなかなか見ごたえがあるでやんす。


アイコン梅雨の中であじさいが咲いているでやんす。

  • 2019.07.03 Wednesday
  • 10:40
パークの花壇、樹木を管理している
ガーデンチームより我阿伝ですっ顔

こんにちは。遅い梅雨に入ったばかりでやんすが、
まるで梅雨の終わりかけのように激しい豪雨でやんす。。
鹿児島、宮崎、熊本のほうではずいぶん被害があったようで辛いでやんす。


さて、園内ではガクアジサイ(額紫陽花)がきれいに咲いているでやんす。


普通のアジサイと違い、中央部に小さな花が咲いている。
名前の由来は周囲の大きな花が額縁のように囲んでいるところから。
中央の小さな花は種を実らせる本物の花「両性花」で、
周囲の大きな花は種ができないお飾りの花「装飾花」。

普通のアジサイは西洋アジサイと呼ばれ、ガクアジサイを品種改良したもの。
中央部の両性花のほとんどが装飾花になるように改良されているでやんす。
そのため花がこんもりと手まりのように咲くでやんす。


植え込みの中ではドクダミが元気に咲いている〜。


ドクダミは風邪、便秘、高血圧、傷、やけど、蓄膿症など薬効がある、
十種の効能があることから、十薬とも呼ばれるでやんす。
園内では雑草という扱いで、見つけ次第に引っこ抜いているでやんす。
しかし繁殖力が強いので、すぐに復活ーーーするでやんす。

| 1/132PAGES | >>