アイコンsearch this site.

アイコンcategories

アイコンarchives

アイコン花壇も冬の準備が整ったでやんす。

  • 2019.12.17 Tuesday
  • 10:07
パークの花壇、樹木を管理している
ガーデンチームより我阿伝ですっ顔


こんにちは。来週はクリスマスでやんすね!
その後は大晦日、お正月とイベントが目白押し。
そうそう、大掃除も忘れちゃいけねぇ大仕事。


先日、太陽の周りに光の輪が見えたでやんす。。


これは日暈(ひがさ)という現象、
高いところに薄い雲がかかっていると見えるそう。
お天気が悪くなる前触れともいうでやんす。


園内の花壇はすっかり冬越しの準備が整っているでやんす。


花壇ではビオラが花を咲かせているでやんす。
ビオラは城島高原の寒さにも耐えられるほど強く、
春まで咲き続けてくれるかわいい花でやんす。



これはハボタン(葉牡丹)ビオラは寒くても枯れない程度でやんすが
ハボタンは寒くても成長を続けるほど寒さに強い。
キャベツに近い仲間、ちょっと美味しそう。


アイコンついに12月でやんす。

  • 2019.12.04 Wednesday
  • 10:10
パークの花壇、樹木を管理している
ガーデンチームより我阿伝ですっ顔



こんにちは。12月になったでやんす。
12月のことを古い言い方で師走(しわす)というでやんす。
これはお坊さん(師)も走り回るくらい忙しい月、という意味。
ほかにも、年果てる月=トシハツル=シハス からという説も。
実のところ語源はよくわからないようでやんす。


園内のモミジやイチョウの紅葉はすっかり見ごろはすぎたでやんす。
木製コースタージュピター横ではカシワ(柏)が色づいてるでやんす。


かしわ餅を包むのにこのカシワの大きな葉は使われているでやんす。
鶏肉のことを「カシワ」とも言うでやんすが、
これは地鶏の羽の色が、この茶褐色の葉の色に似ているから。


背の高いメタセコイアも茶色に紅葉している〜。


杉や松は冬でも葉が緑なので常緑樹と呼ばれるでやんすが、
メタセコイアはその仲間でありながら、葉が落葉するのが特徴。
化石だけが見つかっていた木でやんすが、中国の奥地で生きている木が
発見されたことで、「生きている化石」と呼ばれることもあるでやんす。

アイコン落ち葉の頃となったでやんす。

  • 2019.11.27 Wednesday
  • 10:10
パークの花壇、樹木を管理している
ガーデンチームより我阿伝ですっ顔



こんにちは。もうすぐ12月。園内の紅葉もそろそろ終わりそうでやんす。

日曜日に雨が降り、イチョウやモミジが一気に落葉したでやんす。。。。。



大量の落ち葉がまるでカーペットのように降り積もっているでやんす。。。
風情があって、とても素敵でやんすが、このあとは‥片付けするでやんす。


イチョウの落葉の場合、水分を含んだまま落ちてしまうので非常に重い。。
雨が降った場合は更に張り付いてしまうでやんすらこれまた厄介でやんす。




モミジの落葉。一面真っ赤、それにフワフワしていてとてもキレイでやんす。

落ち葉の見頃は今週末頃になるかと、急いで見に来て欲しいでやんす。。。。

アイコンイチョウの葉のカーペット

  • 2019.11.20 Wednesday
  • 10:00
パークの花壇、樹木を管理している
ガーデンチームより我阿伝ですっ顔


こんにちは。園内の紅葉は今が盛りでやんす!
やや早く色づいた木は葉が散り始めているところも。


料金所の裏の駐車場ではイチョウの葉が降り積もっているでやんす。


黄色の葉がまるでカーペットのようになっているでやんす。
写真スポットとしてお勧め。バエルこと間違いないでやんす。
通りすがりで撮っている方を見かけるでやんす。
園内にもスポットがあるでやんすよ〜とお伝えしたいのでやんすが‥。
照れ屋のあっしは もごもご してしまうでやんす。


ゴーカートコースに囲まれた千草山では秋の花が咲いている〜。


ヤマラッキョウ(山辣韮)。花期は9月〜11月。
山地の湿り気のある草原によく見るでやんす。

葉はニラのような強い匂いが-----------。
地下にある球根はらっきょうに似て食用になるでやんす。


ウメバチソウ(梅鉢草)。秋の草原の足元に咲く、梅に似た清楚な白い花。
名前の由来は花が家紋の「梅鉢」に似ているところでやんす。

アイコン紅葉が見ごろでやんす。

  • 2019.11.12 Tuesday
  • 11:16
パークの花壇、樹木を管理している
ガーデンチームより我阿伝ですっ顔


こんにちは。今年の立冬は11月8日。暦の上で冬が始まる日。
気温が20度に届かない日も多く、どんどん寒くなってきたでやんす。


パークの向かいにある、お食事処「峠の茶屋」さんの周りは紅葉が素晴らしい。


まぶしいくらいに鮮やかに紅葉しているでやんす。
紅葉の見頃は意外と短い、紅葉見物は注意が必要。


園内でもモミジやイチョウが紅葉しているでやんす。


ゴールドラッシュの前には大きなモミジが何本もあり、
真っ赤に染まってる〜。ここも見頃でやんす。


紅葉というと、モミジやイチョウなどが話題になるでやんすが、
あまり聞いたことのない木もきれいに紅葉するでやんす。


イベントハウスの前ではカナクギノキ(鉄釘の木)が鮮やかな黄色に。
カナクギノキは高級な爪楊枝の原料になるクロモジに近い種類、
クロモジと同じように爽やかな香りがするでやんす〜。

アイコン紅葉が始まったでやんす。

  • 2019.11.06 Wednesday
  • 15:29
パークの花壇、樹木を管理している
ガーデンチームより我阿伝ですっ顔


こんにちは。
朝晩が寒くなり、秋が深まってきたでやんすね〜。
いよいよ紅葉が城島高原まで降りてきやした〜。


パーク入り口のロータリーそばのモミジが色づきはじめてる〜。


この木はイロハモミジ(いろは紅葉)。いわゆる紅葉の代表的な木。
低山に自生し、公園や庭にもよく植えられている。
秋の鮮やかな紅葉だけでなく、春の新緑も美しいでやんす。


料金所の裏手の駐車場ではイチョウが緑色の葉っぱから黄色に。


イチョウは秋の紅葉のもう一つの代表。
秋に葉の色が赤や黄色に変わることを「紅葉」と言うでやんすが、
黄色に変わる場合は「黄葉」と言われることもあるでやんす。


城島高原パークの向かいの、お食事処「峠の茶屋」も紅葉が始まってる〜。


建物の周りに大きなモミジがあり、とてもきれいになるでやんす。
このモミジは赤ではなく、鮮やかなオレンジ色に紅葉。
紅葉は様々な色に変化するのがいいでやんすね。

アイコンサクラとシャクナゲ咲いてます。

  • 2019.10.30 Wednesday
  • 10:00
パークの花壇、樹木を管理している
ガーデンチームより我阿伝ですっ顔


こんにちは。早いものでもう11月。サクラやモミジも紅葉しているでやんす。


春の花であるサクラやシャクナゲが花を咲かせている。本来の季節と
違う時期に咲くことを返り咲き、戻り咲き、狂い咲きと言うでやんすが
今回の花はちょっとそれとは違うでやんす。


これはジュウガツザクラ(十月桜)。
ジュウガツザクラは春と秋の二回咲く品種。
秋から冬にかけて、サクラが妙な季節に咲いていたら、たいていこの品種。
ぽつぽつと咲くだけなので、華やかさに少しかけるでやんす。




シャクナゲ(石楠花)。本来は春の花でやんすが、秋にも咲く品種。

どちらも春と秋に咲く品種、やはり春に咲く花のほうが大きく、立派です〜。

アイコンどんぐりがいっぱい

  • 2019.10.23 Wednesday
  • 17:48
パークの花壇、樹木を管理している
ガーデンチームより我阿伝ですっ顔


こんにちは。
山の上の方から紅葉が始まり、少しずつ麓に降りてきやした。
園内の紅葉はこれから。いよいよ秋が深まってきやしたよ〜。

園内にたくさん生えているクヌギ(櫟)の実が落ちているでやんす。


一般的にブナ科の堅い実のことを「どんぐり」というでやんす。
形や大きさは様々ですが、先端が尖り、表面は固くすべすべ、
果実の下部を覆うお椀、または帽子をつけている。
この写真はクヌギのどんぐり。丸く、お椀がとげとげなのが特徴。

どんぐりは縄文時代の昔から、人類の大事な食料でやんした。
米が入ってくるまではどんぐりや栗が主食だったようでやんす。


ツワブキ(石蕗)が黄色の花を咲かせているでやんす〜。


ツワブキは花が少なくなってくる秋から冬にかけて咲いてくれる、貴重な花。
フキに近い仲間で、葉柄は同じように食用になるでやんす。
艶のある葉をしたフキ、ツヤハブキからツワブキになったそうでやんす。

アイコン秋風に揺れるセイタカアワダチソウ

  • 2019.10.19 Saturday
  • 12:44
パークの花壇、樹木を管理している
ガーデンチームより我阿伝ですっ顔


こんにちは。台風19号は関東、東北で甚大な被害に。
亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

駐車場周りや園内の草地では、セイタカアワダチソウ(背高泡立草)が満開。


秋になると至るところで高さ2m〜4mのセイタカアワダチソウの花が咲く。
一面に広がった黄色の花が秋風に揺れるさまは、なかなか見事。
セイタカアワダチソウは根から周囲の植物の成長を抑制する化学物質を出す。
これをアレロパシーといい、セイタカアワダチソウが急激に増えた原因。

スケートリンクの近くでアキグミ(秋茱萸)の赤い実ができてやした。



アキグミは道ばたや川岸などの日当たりの良いところでよく見るでやんす。
秋になると直径8mmほどの丸い実がびっしりと実る。
味は酸っぱい上に渋く、生食には向かないとおもいきや、
10個ほどまとめて口の中にいれて、噛み潰すように食べると美味し〜。

アイコンリンドウが咲いているでやんす。

  • 2019.10.09 Wednesday
  • 17:42
パークの花壇、樹木を管理している
ガーデンチームより我阿伝ですっ顔


こんにちは、10月になったでやんすね〜。
9月の半ばころから蝉の声から虫の声
季節はすっかり秋になったでやんす。

ゴーカートコースに囲まれた千草山では、秋の花が満開。


リンドウ(竜胆)。
釣り鐘を逆さまにした形の、鮮やかな青い花。
リンドウの根は非常に苦く、まるで竜の肝のようだというところから
リュウタン(竜胆)という薬になり、そこからリンドウの名前になったそう。


アキノキリンソウ(秋の麒麟草)。
ブラシ状に黄色の花が咲くでやんす。
リンドウと同じく秋の草原の代表的な花。
ただ自生しているリンドウは近年数が少なくなったでやんす。


ヨメナ(嫁菜)。
淡い紫色の花が沢山咲く。春先の新芽は美味しく食べる事ができるでやんす。
味がよく、また花が優しく美しいところから「嫁」の名前がついたよう。

<< | 2/135PAGES | >>